【水中まで?】水陸両用なら水没でも安全、気になる特殊自動車




こんにちはフリーランスブロガーイツカ(@itsuka45832164)です。

ここ数年大雨が続いて災害が起こることが増えてますよね。

そんな車が水没している映像を見るすごくつらいです。

そもそも車が浮けばいいのになと思ったりしませんか?

そこでたまたま水陸両用車を調べていたらおもしろい車を見つけたのでご紹介します。




気になる水陸両用車

1.ホバークラフト


参照元:YouTube

水陸両用車といわれて、思いつくのはホバークラフトですね。

僕はこのラジコンを持っていたので、とても思入れがあります。

ホバークラフトは空気の力で浮かせるので、水上も陸上も関係なく「滑っていく」という走り方ですね。

これは車かと言われれば車輪がないので、車ではないですが。。

2.アンフィカー


参照元:YouTube

他にも昔こち亀に出てきた水陸両用車のアンフィカーですね。

その当時は秋元先生が作った空想の乗り物かなって思っていたんですが、実際に発売されていた車だったんです。

とても遅いんですが、すごいレトロ感あってかわいいです。車が浮いている画ってすごく夢がありますね。

3.Rinspeed sQuba


参照元:YouTube

Rinspeed sQubaはコンセプトと書いてあるので、販売はされていないようです。

なんとこの車は水陸両用といっても「水中」までいけます。

しかもオープンカーなので、水から守ってくれるものはなく酸素ボンベをつけてます笑

これは上がったらビショビショです。なぜにオープンカーにしたのでしょうか。

でもこういう心意気は大好きです。個人的には空飛ぶ車よりも、今後は水中移動できる車に期待したいです。

4.ボンドカー


参照元:YouTube

こちらは007のボンドカーをTOP GEARという番組で再現したものです。

Rinspeed sQubaとは違い、しっかり屋根も窓もついていて濡れることなく水中に入っていきます。

しかし途中でハンドルの横から水がびゅーっと漏れ出しています。

乗っている人は笑っていますが、実際これってめっちゃ怖いですよね。すぐ出られる仕組みがあるのでしょうか 。

水上もいいですが、水中に車が存在してるだけでワクワク度ははんぱないです。

水中の事故ってなんか打撲はなさそうですね。だだ水没の恐怖も凄まじいですが。




番外編

dolphin boat


参照元:YouTube

こちらは車とは全く関係ありませんが、イルカ型水中ボートというものもありました。

イルカだけではなく、シャチとかサメもあるみたいですがとにかくめっちゃ楽しそう。

もうなんか映画の世界ですね。

結局最終的には動物の形を真似したものが最強ということでしょうか。

そのうち、まんま鳥型の飛行機とかできそうです。

というか実は猫バスってすっごい未来の乗り物だったりと思ってしまいますね。

みなさんも旅行先で面白い乗り物に出会ったらぜひ乗ってみてくださいね!




まとめ

水陸両用ってすごい夢がありますよね。

実際の水陸両用車を手にいれることは難しいので、最後に水陸両用のラジコンをご紹介します。

水陸両用って見ているだけで楽しくなってきますね。ぜひBBQなどの遊び道具にも持っていってみてくださいね!

関連:BBQの食材を探している人におすすめの記事
【丸焼き?ラクダ肉?】BBQで絶対盛り上がる肉5選!食材選びに迷ったらこれ!

このエントリーをはてなブックマークに追加




プロフィール

フリーランスブロガーのイツカです。ネット収入で生活できるまでブログがんばります。現在最高PVは月間28000PVです。

 

気が向いた時に宝くじ(ロト6、ロト7、ミニロト、ナンバーズ4)を購入して結果発表したり。

 

誰かの目標になれるようにがんばります!

 

【おすすめ記事】

■ブログの収益報告。
ブログ収益報告

 

■懸賞生活をやってみた当選報告。
懸賞当選報告

 

■下記の記事を最後に4ヶ月ブログ辞めたことがあります。。
ブログ初心者は複数ブログ運営は絶対やめた方がいい。

 

■ブログを始めたい人向け。
【初心者向け】ブログ運営するのに必要なもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。