【配達エリア確認方法】Uber Eatsの利用者の声を集めてみた!1杯から持ってきてくれる?意外な使い方まで。




こんにちは出不精のフリーランス雑記ブロガーイツカ(@itsuka45832164)です。

最近は様々なサービスが進化してきてありがたいですよね。

僕は昨年手を怪我した時に、Uber Eatsを利用しましたが、そもそもUber Eatsは世間にはどれだけ浸透しているのでしょうか?

そんな世間の声を知るのに便利なツールがTwitterですね。

ということで気になったので恒例のTwitter調査をしてみます。



そもそもUber Eatsとは?

Uber Eatsとはそもそも何?ってなりますよね。

Uber Eatsとは飲食店の宅配メニューをネットで注文するサービスです。

実はもともとUberというサービスがあるんです。

Uberとは海外でよく使われている一般人が空いた時間を使って、タクシーサービスのような仕事をするライドシェアリングサービスです。

これが海外ではかなり一般的になっていますが、日本では法律的に難しいようですね。

日本では無許可の送迎サービスで賃金を得ることは違法なので、「ひらめいた」と思った方は注意してくださいね。

Uber Eatsとはその飲食宅配版です。

Uber Eatsで注文すると、審査を通った一般の方が配達してくれるというわけです。

もちろん審査があるのでアルバイトと変わらないですが。

 

店舗側としては配達員を従業員の中から捻出しなくて良いので、Uber Eatsなら普段デリバリーを行なっていないようなお店の料理を食べられるのも魅力です。

では実際に注文した方々の声を見てみましょう。

Uber Eatsを利用した人の声

1.腰痛だから

2.禁断の便利さ

3.来るまでが楽しい


↑アプリでどこを走っているか見れるようです。

4.風邪引いたらUberEats

5.嫁の居ぬ間に

6.トラブルあったけどクーポンもらえた

7.意外と早かった

8.スターバックス


↑スタバをデリバリーってなんか新鮮ですね。

9.気まずかったから

↑タピオカ1個からいけるんですね。

10.注文100回超え

 




まとめ

みなさんいかがでしたでしょうか。

僕の印象はみんな結構使っているなという感じです。特にお店に友達が居て、会いたくないから家帰ってUberEatsを使うなど新時代に突入してますね。

Uber Eatsは現段階では使っている人は結構使っているし、知らない人は全く知らないという感じでしょうか。

ただ、同じ店で何度も注文する人は同じ人が配達に来ないのはメリットかもしれません。

僕はお店でも常連っぽく接客されると恥ずかしくて行きにくくなってしまうので。。

あとは体調が悪い人も結構使っていますね。

個人的見解だと体調悪い時に使ったことないサービスを使うのは不安なので、体調が良い時に一度利用してみることをおすすめします。

体調悪い日って使い方を調べるのすらしんどいですよね。

配達される商品が崩れていたり、商品が足りなかったりという経験をした人もいるようなので、このサービスが合うか合わないかは一回利用してから判断してみると良いと思います。

自分に合えば蜜の味ですし、合わなければ注文しなければいいだけですもんね。

ただしここで注意点があります!

Uber Eatsは誰でもを利用できるわけではないのです!

なんと実はUber Eatsは配達エリアが決まっているそうです。

都会はほぼ問題なく使えるそうなのですが、田舎の方はお店側が登録していないことが多く利用できない人もいるそうです。

Uber eatsのエリア確認方法

配達エリアを確認する場合は、まずはこちらのUber Eatsにアクセスします。


まだアプリを持っていない人は上の「Download on the App Store」、すでにアプリを持っている人は「Open App」をタップします。

 

「Download on the App Store」をタップすると、Uber Eatsのアプリダウンロードページに飛びます。

そのままアプリをダウンロードします。アプリは無料です。

 

アプリを開くと下記のような画面になります。

今回は配達エリアの確認なので、携帯番号の登録に関しては「いまはスキップする」をタップでok。

 

個人情報の同意が出てきます。

「次へ」をタップ。

 

住所の入力ページになります。

「新しい受け渡し場所を入力してください」という部分に自宅の住所を入力します。Uber Eatsは任意の住所でも受け取れるので会社や出先の住所でもOKです。

 

試しにざっくり「名古屋駅」と入力してみます。

住所入力後「完了」をタップ。

 

するといろいろお店が出てきます。これが名古屋駅のUber Eatsの配達対応している店舗です。

一番近いマクドナルドだと5〜15分くらいで到着します。

 

配達エリア外の場合は、下記の用なアナウンスが出ます。

自分の住所が対応されたらすぐ知りたい場合は、「サービスが開始されたら通知を受ける」をタップします。

 

気になる方はぜひ一度自分の住んでいる場所が配達エリアかチェックしてみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加




プロフィール

フリーランスブロガーのイツカです。ネット収入で生活できるまでブログがんばります。現在最高PVは月間28000PVです。

 

気が向いた時に宝くじ(ロト6、ロト7、ミニロト、ナンバーズ4)を購入して結果発表したり。

 

誰かの目標になれるようにがんばります!

 

【おすすめ記事】

■ブログの収益報告。
ブログ収益報告

 

■懸賞生活をやってみた当選報告。
懸賞当選報告

 

■下記の記事を最後に4ヶ月ブログ辞めたことがあります。。
ブログ初心者は複数ブログ運営は絶対やめた方がいい。

 

■ブログを始めたい人向け。
【初心者向け】ブログ運営するのに必要なもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。