【Zclever防犯カメラセットレビュー】コスパ最強。初めて買うならおすすめ!防水、防塵、暗視赤外線機能付防犯カメラセット。




この記事がオススメな人
・防犯カメラを初めて購入する人
・なるべく安く使いやすい防犯カメラが欲しい人
・Zcleverの防犯カメラの情報が知りたい人
・スマホでも見れる防犯カメラを探している人
こんにちは実は店舗も運営しているフリーランス雑記ブロガーイツカ(@itsuka45832164)です。

実は最近お店に防犯カメラ設置しました。

お店はスタッフに頼んだりしても基本1人体制なので、倉庫に行った時にスマホで店内が確認できるようにZclever 防犯カメラセット」というカメラセットを購入しました。

今回はamazonで購入したZcleverの防犯カメラセットの良いところ、悪いところを含めご紹介をします。

Zclever防犯カメラセットとは?

↑僕が購入したものはこれです。

コスパ最強の防犯カメラ

amazonで売っているZcleverの防犯カメラセットという防犯カメラです。

その魅力はやはりコスパです。

あとこのカメラはレビューも高かったのも購入した理由です。

とにかく無駄に高い買い物をしたくなかったので、amazon内の防犯カメラセットを探しまくりました。

数ヶ月くらいは探したと思います。

そこでいろいろ天秤にかけ、やっと見つけたのがZcleverの防犯カメラセットでした。

何にそんなに悩んだかというと、カメラを購入するにあたって譲れない条件がありました。

8つの条件をクリア

僕が欲しかった防犯カメラの条件としては下記です。

1.モニターと一体型のHD付き
→別で買うと高くなるし、めんどくさい
2.カメラとHDはwi-fiでリンクできる
→HDとカメラが有線接続だとケーブルがぐちゃぐちゃになるので
3.初期セットでカメラが4台入っている
→4台あればお店の死角がなくなる
4.カメラを増やしたくなったら、追加できる
→今後屋外にも増やしたい
5.カメラが防水
→上と同じ理由
6.アプリからカメラの映像がリアルタイムで見れる
→店番は1人なのですが、その場を離れたい時があるのでスマホでリアルタイムに店内を見たい。
7.安い
→機能と安さのバランスが大事。
8.amaozonのレビューが高い
→レビュー件数が多く、高評価のものは割りと信じられる。

この8点は絶対に譲れないカメラの条件でした。

そしてこの8点の条件を見事クリアしたカメラがZcleverの防犯カメラセットでした。

いやー本当に悩みました。

ネットに情報がない

なにせこのモニターと一体型のタイプが全然ネットに情報がないんです笑

たまにyoutubeに載ってると思ったら、このZcleverのモニターとHD一体型じゃなくてモニターとHDが分かれているタイプなんですよね。

なんか痒いところに手が届かない。

モニター別の防犯カメラには注意

モニターとHDが別れているのはこのタイプ↓

このタイプは注意しないといけないですね。

一見めちゃくちゃ安いからいいじゃん!って思います。

でもカメラと本体を有線で繋がなくちゃいけなかったり、モニターは別売りだったり、カメラの台数増やせなかったり、カメラの画質悪かったりともう結局お金かかりそうな予感しかしませんでした。

僕はいろいろ悩んでZcleverのモニターとHDD付きの防犯カメラセットを購入しましたが、結果は非常に満足してます

参考:カメラ1台のみで良くて、スマホアプリだけで監視したい場合は「W200-01」もおすすめです。

Zclever 防犯カメラセットのスペック

Zcleverのスペック

スペックはざっくりこんな感じです。

監視カメラ:4台入り
カメラ:1080P HD(200万画素)
モニター:11インチ(カメラは8chまで増設可)
→写真はiphone6 plusと比べていますが、モニターは結構でかい。
HDD:1TB
その他:暗視赤外線機能、IP66防水防塵かつ耐候

これだけ付いてて4万ちょっとで買えちゃうんです。めちゃくちゃコスパ良いです。

Zclever付属のカメラセッティング

こちら設置中の写真がないので、文字のみでのお伝えになってしまいますが注意点等書いていきます。

1.カメラの設置

まずカメラの設置ですが、この設置する上で必要なものは電源です。

ここが意外とうっかりしてしまうところなのですが、カメラとHDD本体は無線でリンクしていますが、カメラ自体には有線の電源ケーブルがついてます。

カメラ1台につき1ついている電源ケーブル↓
それを家のコンセントに挿さなければカメラは起動しません。もちろん電池でも動きません。

僕は室内設置だったので問題ありませんでしたが、もし屋外で防犯カメラを設置する場合は、防雨型延長コード防雨スイッチボックスで電源を確保する必要があります。

そしてカメラから出ているプラグと電源ケーブルのブラグを接続します。

下にペロッと出ている線はLANを挿す穴でした。僕は使っていませんが、もしかしたら有線でHDDに接続する時に使用するのかもせれません。

カメラの設置はネジ3本

カメラ本体の設置ですが、これも簡単でネジ3本で壁に止めるだけです。


↑1つは天井に取り付けました

↑その他は壁に取り付けています

どうしてもネジを打てない場合は、強力な両面テープがあればそれで固定もできるかもしれません。

要は固定ができればいいだけなので電源さえあれば工夫次第でどんな固定方法も可能です。

でも基本はネジ3本です。もちろんカメラの角度も付属の六角レンチで調整可能です。

自動リンクだから電源挿すだけ

あとはコンセントに電源を挿したら自動でモニターとリンクしてくれるので、特に設定することなく映像が映ります。

めちゃくちゃ簡単。カメラの設置は初心者に優しい電源を挿すだけの設定でした。

2.モニターの起動

モニターも電源ケーブルが付いているので、それをコンセントに挿すだけで起動します。

パスワード等の設定がありますが、日本語の説明書(後述します)もあるのでそれを見れば大丈夫です。

しかし1点注意事項があります。

アプリで見たい人は有線LANが必要

僕はこのモニターをPCの横に置いてリアルタイムで確認できるように設置したかったのでモニターの置き場をPC横にしました。

モニターで映像を確認する場合は、電源をコンセントに挿すだけで見ることができます。

しかしスマホアプリを使ってリアルタイムで見たいという方は電源だけでは足りません。

 

モニターに有線LAN接続が必要!

 

そうなのです。

カメラからの映像は電源を繋いだら勝手に送られてきますが、その映像をスマホのアプリで見たい場合は、HDD内蔵モニターを有線でインターネットに繋がないといけません。

ここが重要です。有線接続です。

無線LANしかなくても大丈夫

僕はたまたま使っていない有線LANのコンセントがPCの横にあり、大丈夫でした。

「おいおいうちは有線LANを挿す場所がないよ。」という方、、安心してください!

 

有線LANがないからといっても諦める必要はないです。

 

僕も自分の環境で最初は無線しかないと思い込んでいたので、めちゃくちゃ調べました。

そしたら無線LAN中継器というwi-fiを有線に変えてくれる便利な機械があるんです。

無線LAN中継機というのはこんなやつです↓

そんなに高くないので有線LANのコンセントが見つからなかったらこれを購入しようと思っていました。

ここまでの設定が完了したら、スマホで防犯カメラの映像を確認することかできます。

設置が不安な人は業者に頼むのが◎

防犯カメラを自分で設置するのが難しい人は防犯カメラ設置110番という全ておまかせで対応してくれる業者にお願いする方法もあります。

→ 【公式】防犯カメラ設置110番

スマホで見れるZcleverの監視用アプリ

アプリはEsee Cloud

スマホやipadなどのタブレットで監視映像をリアルタイプで見る場合は、「Esee Cloud」というアプリを使います。

ダウンロードはこちらから↓

 

日本語対応もしていますので問題なく使えています。

映像は8台まで視聴可能

アプリを開くとこんな感じです。(映像は隠しています)

カメラは8台まで登録できます。

僕は4台のみの接続の為、下の4画面は「NO VIDEO」の表記となっています。

上の映像をタップすると、下のような4分割画面へ変わります。

こんな感じです。

購入時に入っているカメラはマイク対応していないので、このマイクボタンの使い道はわかりませんが、もしかしたらマイク付きのカメラに変えたら使えるのかもしれません。

最初に同梱されているカメラを使用する限り、使うことはないのでとりあえず無視で大丈夫です。

Zclever防犯カメラセットの良かったところ

それでは実際に半年使ってみて気づいた良かったところをご紹介します。

1.設置が簡単

本当に簡単でした。

特にカメラは電源をコンセントに挿したら自動でモニターとリンクするというのは便利すぎます。設置で悩むことは特になかったです。

2.映像が綺麗

僕が思っていたより、映像はかなり綺麗でした。

セキュリティ上現在はこのブログには映像をあげていませんが、また改めて載せられる映像のキャプチャを貼りたいと思います。

さらに暗視赤外線機能が優秀です。

真っ暗の中よくこんなに写るなと思うくらい、真っ暗でも撮影できます。

3.コスパ最高

やっぱりここの満足度はかなり高いです。4万ちょっとでこのレベルが購入できるっているのは本当に助かります。

Zclever防犯カメラセットの悪かったところ

そしてやはり使ってみると「あれ?」っていうところはどんな商品でもありますよね。それではいまいちだったところの発表です。

1.カメラの電源ケーブルが多い

これはどの防犯カメラも同じかもしれませんが、1台につき1コンセントとなると4台で4コンセントを確保しなくちゃいけないので、壁にケーブルが見えているのがちょっと景観が良くないです。

これは何かうまく隠す方法を探さなくちゃいけません。

2.モニターがタッチパネルじゃない


↑同梱されているマウス

HDD内蔵モニターが付いているのですが、このモニターのセッティング用に小さいマウスが入ってました。

そのマウスで設定するのがまあやりづらい。でも一回設定したらあとは基本放置なんで今はあまり気になりません。

3.アプリの映像が数秒遅れる

モニター側はカメラから直接映像が飛んでいるので、遅れはないです。

しかしアプリで確認すると数秒遅れているんですね。

これは「カメラ→本体→ネットワーク→アプリ」の順番で映像が送られるのでしょうがないのかもしれまえん。

アプリを使ってリアルタイムで監視しようとしている方は要注意です。

4.溢れる中国感

amazonの購入ページからもわかるように日本語からめちゃくちゃ中国感が溢れています。笑

僕は実際に購入してみてなんの不具合もなく使えているので満足していますが、そもそも中国商品に抵抗感がある方には向いていないかもしれません。

まとめ

初めて買うなら間違いなし!

Zcleverの防犯カメラについて僕が書ける範囲で記事にしました。

総合的に言って、

 

めちゃくちゃオススメ!

 

特に下記に当てはまる方にはおすすめです。

・初めて防犯カメラを購入する方
・いろいろ設定するのがめんどくさい
・モニターを別で用意したくない
・カメラを8台まで増やしたい

いろいろ良いところはありましたが、何よりコスパ最高です。

サポートは日本語が苦手だけど丁寧

あと1点気になる点としてはカスタマーサービスにメールをするといろいろ教えてくれるのですが、ただ、そこが若干日本語が苦手な方なので大丈夫?ってなりました。

しかしこのカスタマーサービスの方、対応はめちゃくちゃ早いですし、基本すぐに連絡が返ってきますので、むしろがんばってくれている感じで良い印象でした笑

この日本語の苦手さはamazonのレビューにもみんな書いてあります。その上でレビューが高いのでみんなに素早い対応をしてくれているようです。

日本語にお説明書は後日メールでもらえる

ちなみに日本語の説明書も購入後にメールで送ってもらいます。

↓サポートに「日本語の説明書をください」と連絡したところ、この様な返信とともに日本語説明書のPDFを送ってもらえました。

【参考】amazonの購入ページにも書いてありますが、サポートはzclever_jp@163.comというアドレスに送ります。

購入ページに書いてある内容です↓

 

「解決するチャンスを与えてください。」という意気込みがすごいです笑

こんな感じでいろいろと情報がないのになぜかamazonのレビューが高い謎の防犯カメラセットだったZcleverの防犯カメラですが、僕がこの記事を書くことによって、他の誰かが買いやすくなれば嬉しいです。

実際に使用した僕は満足度高いです!

このエントリーをはてなブックマークに追加




プロフィール

フリーランスブロガーのイツカです。ネット収入で生活できるまでブログがんばります。現在最高PVは月間28000PVです。

 

気が向いた時に宝くじ(ロト6、ロト7、ミニロト、ナンバーズ4)を購入して結果発表したり。

 

誰かの目標になれるようにがんばります!

 

【おすすめ記事】

■ブログの収益報告。
ブログ収益報告

 

■懸賞生活をやってみた当選報告。
懸賞当選報告

 

■下記の記事を最後に4ヶ月ブログ辞めたことがあります。。
ブログ初心者は複数ブログ運営は絶対やめた方がいい。

 

■ブログを始めたい人向け。
【初心者向け】ブログ運営するのに必要なもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。